退局を巡り発生しうるトラブルとは

医師それぞれ、転職を考える理由を抱えているはずです。
家庭や私生活にゆとりが欲しかったり、家族や子供との時間を優先させたかったりという理由、キャリアアップや年収アップを目指すという理由が比較的多いのですが、「医局を辞めたい」というものも、かなり多くの医師が抱える転職理由となっています。

その理由も医師ごとに異なり、人事に納得がいかなったり、人間関係や上下関係に辟易したり、あるいは勤務環境が悪かったりなど、辞めたくなる理由はいくらでもあるでしょう。

しかし、転職活動をすればそれらの問題から離れられると安易に考えていると、もしかしたらトラブルに巻き込まれてしまうかもしれません。

退局を申し出たところ、それが気に食わなかったのか、教授など上司にあたる人物が転職予定先へ働きかけ転職を台無しにしてしまったという例も実際にあるのです。
そこまで直接的ではないにしろ、横への幅広い繋がりのある人物が辞めようとしている医師の悪い評判や噂を院内外に流したという事例もあります。

こうした何らかの圧力によるトラブルを他人事だとは思わないことです。
それらを避けながら退局し、無事転職を果たすにはどうしたらいいのか、この点を考えながら活動を進めていくしかありません。

 退局に関する問題を避けるためには

上で紹介したトラブルは、ほんの一例です。

他にも、退局を何とか考え直させようと慰留し続けたり、あるいは引き継ぎ期間を長く取り、それが転職先へと迷惑がかかることに繋がり内定を辞退せざるを得なくなったりなど、あらゆる問題が生じる可能性があります。
最近では医師不足が影響してウェブ上で医局員を募集しているサイトもあるほどなのです。

こうしたことを避けるためには、ハッキリと退局の意思を伝えることが重要です。
不平不満や文句のようなことを言う必要はありませんが、退局する旨に関しては明確に意思表示しなければ、あとで問題となる可能性が出てくるので、ここが一つ注意点となってくるでしょう。

退局までのスケジュールをある程度決めておき、余裕のある日程で退局のための作業を進めていくことも大切。
どのような立場の医師でも、1人いなくなれば現場は大変困るはず。
その点に配慮しながら、勝手な都合で強引に辞めてしまうことを避ければ、無用なトラブルを回避できるでしょう。

もしそれでも問題が生じる、あるいは生じそうな場合には、転職エージェントに相談してみてください。
キャリアコンサルタントは、こうした医局を辞めたいけど問題なく辞めることが難しい医師たちの相談にものってくれます。

コンサルタントから受け取ったアドバイスや注意点を参考にしスムーズに医局を辞めることができた例も多々あるため、一人で抱え込まずに、ためらうことなく相談してみましょう。