転職の行方を左右する担当者との相性

転職エージェントを利用せずに個人で転職活動を試みるよりも、エージェントへと登録し担当のキャリアコンサルタントに相談をしながらさまざまなサポートを受けつつ転職活動を進めていった方が、成功する可能性が高いことは言うまでもありません。
是非、積極的に登録・活用すべきなのですが、転職支援サイトの利用で少し難しいのが、サポートしてくれる担当者ごとに、どうしても能力に差が出てきてしまうという点です。

つまり、同じ転職エージェントを利用したとしても、担当してくれるスタッフが異なれば、そのスタッフの能力や経験に依存する形となり、それによって転職の成否が変わってきてしまう可能性が否定できないということ。

経験豊富なスタッフと、まだコンサルティング業を始めて間もないスタッフと、どちらの方に担当してもらいたいと考えるでしょうか。
当然前者のはず。
しかし、それでは前者にだけ相談者が偏ってしまい、現実的ではありません。
どうしても若く経験の浅いスタッフに担当されてしまうこともあるわけです。

また、相性が合わないという問題もあるでしょう。
結局は人対人の関係性です。
仕事はできるかもしれないけど、雰囲気や物言いが気に入らないと感じるコンサルタントに担当されてしまうかもしれません。

そうなってしまっては素直に話やアドバイスを聞き入れることもできず、それが影響し、もしかしたら転職が失敗してしまうリスクも出てきてしまうのです。

  「合わない」と感じたら担当者の変更を

もし、担当してもらったスタッフとの相性が合わないと感じたり、あるいは、いくら希望や要望を伝えても、その希望に沿わない求人案件を紹介されたりなど、納得できない部分が出てきたら、エージェントに対して担当者の変更を申し出ることをお勧めします。

多くの転職支援サイトでは、このような担当コンサルタントの変更を受け入れてくれています。
登録前に確認しておきたいことではありますが、相性が良くなかったり、担当スタッフの言っていることに納得がいかないと感じることは、医師の転職希望者でもしばしばあることですから、それを申し出ても全く対応してくれないということはまずないでしょう。

もし応じてもらえないようであれば、その時に利用する転職エージェントを変更すべきです。
少なくとも、1人のスタッフと相容れない部分があったからといって、人材紹介会社そのものを見切る必要はありません。

ただ、希望に沿わない医療機関を紹介してきたのは、果たしてそのスタッフの能力が乏しいのか、それとも自分自身の希望の伝え方が悪かったのか、という点は省みる必要があるでしょう。
また、案件を紹介してくれないからといって、必ずしもエージェント側の人間が無能であると早まって判断するのも気を付けたいところ。

必ず自らのことも客観的に見た上で、どちらに問題があるのかを把握し、担当者の変更なりエージェントの変更なりを決断するようにしてください。