クリニックへと転職するメリットは

病院には病院の、そしてクリニックにはクリニックのそれぞれの特徴があります。
もし病院でのルールや規模、しきたり等が合わないと感じたのであれば、クリニックへと活躍の場を移してもいいのかもしれません。

全ての病院が同じではありませんし、クリニックにも同様のことが言えるのですが、クリニックで働くことで医師としての新たなやりがいや満足感・達成感が得られる医師も少なからずいるのではないでしょうか。

  クリニック勤務のメリット

クリニック勤務についてメリットを挙げるのであれば、やはり働く時間や負担の軽減でしょう。
クリニックでは診療時間がおおよそ決まっており、特に入院施設や病床が用意されていないところでは夜間診療や救急診療などを行っていないため、定められた時間のみ働けば問題ないことが多く、そのため、体の負担も軽減されストレスもだいぶ緩和できると考えられます。

また、集患に成功しているクリニックで働けば収入アップも実現するでしょう。
特に、自由診療を行っている医療施設であれば、大きな病院でそれなりの役職に就かなければ受け取れないような給与を若い医師が得ることも難しくはありません。

比較的患者との距離が近いのも魅力です。
規模にもよりますが、患者とコミュニケーションが取りやすくなり、この点にやりがいを強く感じる医師は少なくないのではないでしょうか。

 クリニックによっても異なる労働時間や勤務体制

 

少し触れてはいますが、クリニックによっても状況や環境は異なります。
例えば、急患を受け入れている医療施設では、それが一次救急であっても、状況により一般病院と同様の労働体制にならざるを得ないでしょう。
つまり、当直やオンコールが存在し、そこで働く医師は、それに対応しなければいけないのです。

実際に、救急患者は必ず受け入れ断ることはないことを運営方針としているクリニックもあります。
こうした施設で働くとなれば、一次救急のみならず二次救急の患者までをも受け入れ、それなりの規模の病院と変わらない勤務体制を強いられることもあります。

もちろん、それにやりがいを感じるのであれば転職するメリットや意義は出てくるでしょう。
ただ、それを望んでいるかどうかを明確にしてから応募先候補挙げていく必要があるのです。

転職サイトでクリニックの求人を見ると、やはり提示される給与額は高い傾向があります。
ただし、それには必ず理由があるはずなので、その点のチェックを怠らないように気を付けなければいけません。
単純にクリニックか否かで区別してしまわないことが大切です。

この点にさえ注意しておけば、クリニックへ移るメリットが見えやすくなるのではないでしょうか。
また、転職サイトのみを見て決めるのではなく、それ以外のところからも情報を集めること、これも重要です。
その結果メリットが大きいと感じれば、本格的に動き出してもいいのかもしれません。