転職する医師が選ぶべき求人サイト

 医師に選ばれる転職サイトの特徴とは

 

転職に失敗しないために積極的に活用したい媒体となる転職サイト。
医師の求人ばかりを集めたサイトも多くなってきていますが、数が増えれば、医師に選ばれる転職サイトとそうではないサイトに分類されるのも仕方がないのかもしれません。
ここで誤って後者を選択してしまうと、スタートの時点でつまずくことになるので要注意です。

転職を希望する医師に人気の高い転職サイトの特徴を挙げると、まずは求人掲載数が多い点があるでしょう。


画像参照元:https://www.dr-10.com/

例えばですが、医師の求人数の取り扱いがNo.1である「医師転職ドットコム」があります。
ここは医師からの評判も良く、転職を考えたらまず利用するべきサイトと言えるのではないでしょうか。
それは当然、選択肢が多くなり、より良い転職先が見つかる可能性が高いからです。

また、このサイトは求人検索と同時にエージェント機能も持ち合わせており、つまり、キャリアコンサルタントに相談しながら医療施設の紹介及び転職サポートを受けることも可能。
これも多くの医師が選ぶ転職サイトの一つの特徴です。

その他、ひとつひとつの求人内容が詳細であり、それぞれの案件を検索しやすいというのも重要な特徴となるでしょう。
更新頻度が高く、常に新しい求人案件が揃っている点も、転職サイトを選ぶ際には重要視すべきポイントとなります。

 人気転職サイトは求人をチェックできるだけではない

 

医師からの評価が高く、転職希望者に多く選ばれている転職サイトは、求人を探すだけの役割にとどまりません。

紹介した「医師転職ドットコム」もそうなのですが、求人検索機能やキャリアコンサルタントへと相談できる転職サポートサービス以外のコンテンツも充実し、それをチェックするだけでも転職活動を成功させるためのコツやポイントを知ることができるのです。


画像参照元:https://www.dr-10.com/contents/

例えば、転職ノウハウが掲載されているサイト。
求人の選び方から応募のタイミングの見極め方、情報の集め方から退職の仕方までの情報をまとめているサイトをチェックすることで、時間の空いた時に転職に失敗しないための知識を得ることができます。

医療施設の良し悪しの見分け方、自己分析に必要な考え方、履歴書や職務経歴書の書き方などまで、サイト内のコンテンツでカバーしているサイトもあるため、特に初めて転職というものに臨む医師にとっては、必ず目を通しておくべきものとなるでしょう。

求人を紹介してもらう前の段階、つまり、転職するかどうかを迷っている段階でも、転職サイトやエージェントを利用することが可能です。
キャリアコンサルタントへの相談も無料であり、結果的に転職を見送ることになったとしても問題はありません。

人気のサイトでは、特にコンサルタントの対応は素晴らしく、無理に転職を勧めないケースも多いため、相談するだけでもキャリアにとって有意義な情報を入手できるのではないでしょうか。

面接対策で重視しておきたいポイント

 身だしなみで決まる第一印象

 

いくら能力があっても、いくら多くの実績を残していても、それにあぐらをかいて横柄な態度で面接へと臨めば、当然採用されることはないでしょう。
そうした態度が転職を失敗へと誘ってしまう点は、しっかりと覚えておくべきです。

もちろん、実績がさほどない医師の転職であっても、面接対策は欠かせません。
むしろ、キャリアがまだまだ薄い状態で転職するのであれば、しっかりと対策を取っておかなければ採用は見えてはこないでしょう。

面接では第一印象が重要です。
これは医師の転職であっても一般サラリーマンであっても同じ。
そして、この第一印象は身だしなみで大きく左右されることも覚えておいてください。

医師は収入も多くこだわりを持っている人も少なくないため、しばしば服装等で主張する傾向があります。
面接時には、できるだけこうした主張は控えておきましょう。

落ち着いたタイプのスーツを着用し、ネクタイもあまり派手な柄物は避けるべきです。
時計も高価なものは避け、ブレスレットなども外して臨みましょう。
メガネに特徴を持たせる医師も多いですが、面接時はごくごく普通のものにしておく方が無難。
靴にこだわる医師であっても、面接を受ける時だけはスーツに合った、あまり個性の強くないものを選んでおくといいでしょう。

 受け答えの内容で気を付けておきたい点とは

 

人は、視覚で感じた情報を頼りに印象を決定します。
だからこそ身だしなみに最も気を遣っておくべきなのですが、学生のアルバイトではなく医師が面接を受けるわけですから、当然受け答えなどによっても採用か不採用かが大きく変わってくるでしょう。

どれだけ明確なビジョンを持っているか、この点が重要です。
どうして転職を決意したのか、どうしてその医療施設を選択したのか、転職後にどのような仕事をこなしていきたいのか、今後どうしていきたいのか、こうした質問に対する答えは、明確なビジョンを持っていれば全てスムーズに、そして端的に答えることができるはず。

面接官は、こうした内容の受け答えによって、コミュニケーション能力があるか否かと同時に、状況判断力やこれまでのキャリアに対するプライド、そして、人としての誠実さやポジディブさなどもチェックしています。

スラスラと答えられるようにしておいてください。
そのためには、自己分析や医療施設情報の収集等が欠かせません。
それを自分の言葉で表現し、強い意志を示すことも重要なポイントとなってくるでしょう。

その上で、否定や批判、不満などネガティブな表現は控えることもポイントの一つ。
会話が進むとどうしてもこうした発言が出てくる人がいますが、いくら面接官に誘導されても、常にポジティブでいる姿勢でいれば、高く評価され採用の可能性が高まるはずです。